by 川村元紀
  KAWAMURA motonori
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 石黒正数「ネムルバカ」 | main |
文学フリマ
12月5日
11:00開場〜17:00終了
大田区産業プラザPiO 大展示ホール・小展示ホール
http://bunfree.net/

文学フリマとは、小説・詩集・評論など、文字系オンリーの同人誌即売会。
二次創作も多分OKぽいけど、ほとんどなかった気がする。

「終わりの会」発行の「モダン・ラヴ」という同人誌に漫画を書かせていただいた事や、twitterでフォローしているとりっくん氏の各評論なども手に入れたくてお出かけ。
twitter上でもかなり話題に上がっていたイベントだったので、興味がわいていたと言うのも一つ。

入場料・カタログが無料なのが有り難い。

中は空き過ぎず混み過ぎず、適度な落ち着きがあって良い雰囲気。
ちらちら覗き歩いていると結構積極的に「見ていってください」といわれるのも、書き手のモチベーションの高さを伺わせて良かった。

「終わりの会」の「モダン・ラヴ」は、今回クラウド製本というかなり奇抜な試みをしている。
編集まで終えたデータを、製本希望者を募って配布、思い思いの製本・装丁をしてもらうというものだ。
一時はどうなる事かとw
しかしこれが大当たりというか、大笑い出来るくらい面白い試みとなった。
「終わりの会」ブースには見た目の違う「モダン・ラヴ」がずらり。
クリップ止めのワイルドな製本や、カバーがそのまま脚注ページになっているもの、省ページコンパクトな製本など、こんなにバージョンの違いが出るとは思わなかった。
一番笑ったのは電子書籍と称して、HDDに表紙を括りつけたもの(!)
「こちらが電子書籍HDDバージョンになります」\ゴトンッ/
製本のイメージを覆すその重量感。凄まじいインパクトだった。

購入物は、事前に予約していたとりっくんパック(「アニメルカ」「b1228」「筑波批評」「モダン・ラヴ」)、それから「アンディー・メンテ迷宮探索書」。
昔はwindowsのフリーゲームにだいぶハマっていたが、アンディーメンテはその世界観故にあまり手出しが出来なかったのだった。後学のため…と思い購入。
ちなみにサークルの方に、「winだと、すごいハマったのが…えーとなんだったかな。ツクールでドット絵が凄くて…」とまで言ったら
「サイコ・プラトーンとかですか?」って一発かよ。ヒント少ないのに凄い。戦慄した。
昔の俺も色んなものを探求していたけど、思考や批評できちんと研究にする、そう言う事をやっておけばよかった。とつくづく思う。

文字を綴る、ということに結構劣等感のある自分からすると、参加サークル全てに尊敬の念を抱かずにはいられない。
そしてこの規模、この深度。知らない世界広がり過ぎである。
大変貴重な経験になった。面白かった。また次回!
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/13 09:21
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/17 17:49
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/20 07:06
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/25 01:56
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/29 12:24
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/01/08 12:16
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/01/14 04:41
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/06/04 20:40
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/06/12 05:12
COMMENT









Trackback URL
http://blog.kawamuramotonori.com/trackback/57
TRACKBACK