by 川村元紀
  KAWAMURA motonori
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Oyster「男爵校長High!」1巻 | main | 文学フリマ >>
石黒正数「ネムルバカ」


「それでも町は廻っている」の石黒正数の1巻完結漫画。
石黒正数の魅力の一つが、小気味良いコマ回しのテンポだと思ってるんですが、
大学生日常モラトリアム漫画の今作ではそれがまた特に目立っている感じ。
緩やかな浮き沈みが淡々と綴られる、それがこんなに気持ちいい、ってのは本当にありがたい。
バイト先のうざい人も、深そうで浅い男も、どいつもこいつもちゃんと人間として
きちんと作られているし、絵にも隙がない、無駄なコマが無いですね。

しかしやはりこの漫画のキモは、鯨井先輩のロック魂。
鯨井先輩の日常も描かれているからこそ分かる、先輩の純粋さと勇気。
クライマックスは思わず涙ぐみました。
先輩!先輩・・・!先輩・・・!!!

それ町もネムルバカも良作だったので、石黒作品は集めないといけなくなりました。
ちゃんちゃん
COMMENT









Trackback URL
http://blog.kawamuramotonori.com/trackback/56
TRACKBACK